ボールなしのバスケの練習方法


バスケットボールの練習と言えば、どうしても広いコートでボールを使った練習を思い浮かべると思います。

それは決して間違いではなく、確かにバスケットボールを上達するにはそう言った練習が必要でしょう。

ですが、コートやボールを使える時間は限られており、人によっては練習したくても出来ない環境にあるかもしれません。

そこで今回は、コートがなくてもボールなしでも出来る、バスケットボールの練習方法を解説します。

狭いスペースで有効な練習

コートなし、ボールなしとはどう言う状況かと言えば、自宅などで行う練習のことを示します。

公園などにリングが設置されていればまた別の練習方法も考えられますが、日本においてはあまり見掛けないのが実情です。

それゆえに自宅での練習が大事になるのですが、一体どのような方法があるのでしょうか。

結論から言うと、筋力トレーニングです。

他にもあるでしょうが、筋力トレーニングは自宅でボールなしでも出来る練習の代表的なモノだと言えます。

上半身、下半身ともに行う必要がありますが、バスケットボールにおいては特にスクワットが大事だと私は考えます。

正しいスクワットをすることで、ハムストリングス(太もも裏の筋肉)を鍛えることが出来て、バスケットボールに不可欠な瞬発力や跳躍力を上昇させることが可能です。

筋力トレーニングの注意点

筋力トレーニングが重要なことは以上の通りですが、間違った方法で練習しても効果はありません。

それどころか、逆効果にすらなりかねないのです。

そこで、ここでは筋力トレーニングの中からスクワットを取り上げて、正しい方法を説明します。

まず何より、どの程度の負荷を掛ければ良いかがポイントと言えます。

限界を超えてトレーニングするのではなく、「もう少し出来る」と言う辺りでやめましょう。

その上でしっかり休息し、良質のたんぱく質を取って下さい。

限界を超えたトレーニングをしようとする根性は素晴らしいですが、それを続けていると怪我の元になり、残念ながら筋肉も付き難くなってしまいます。

更に気を付けるべきことは、毎日はしないと言うことです。

効率良く筋力を鍛えるには、傷付いた筋肉を回復させる時間が大事です。

それゆえ、今日スクワットをしたのなら、明日は上半身のトレーニングをするなど、工夫するようにしましょう。

自宅でボールなしに出来る練習は多種多様ですが、スクワットを始めとした筋力トレーニングは優先して行うべきです。

地味で苦しいとは思いますが、その地道な努力をいかに続けられるかが、上達出来るかどうかの分岐点です。

貴方がもし本気でバスケットボールを上手くなりたいなら、自宅でボールなしの状態でも、貪欲に練習するように心掛けましょう。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!