バスケでシュートの調子を整えるコツ


バスケにおいて、シュートの調子が良いときと悪いときは、必ずと言って良いほどあります。

しかしながら、シュートの調子に関してどう対処するかによって、その後の調子が大きく変わります。

そこで今回は、バスケでシュートが入らず調子が悪いと困っている人に向けて、その対処方法を解説します。

安易にスランプのせいにしない

バスケに限った話ではありませんが、シュートが入らなかったときや、プレーが上手くいかなかったときに、「スランプだ」と嘆く人がいます。

ですが、ここで1度考えてみて下さい。

スランプに陥ったせいで調子が悪くなっているとすれば、そのスランプを抜ければまた調子が良くなると言うことです。

これは完全に間違っているとは言い難いですが、全てをスランプのせいにするのはいかがなものでしょうか。

要するに何が言いたいかと言うと、調子が悪いことをスランプの一言で片付けるのではなく、どうしてスランプに陥ったかを考えるべきだと言うことです。

冒頭でも述べましたが、人間である以上、調子が良い日と悪い日は当然あります。

そして、そこからもう1歩先を考えて欲しいのは、どうして調子が悪くなったのかです。

単純に疲労が溜まっていることもあれば、日常とは違うことをして体に違和感があることもあり得ます。

バスケ選手として上に行きたいなら、自分の調子と上手く付き合っていくことが必要不可欠でしょう。

出来るだけ調子が悪い日をなくす

上記では、調子が良い日と悪い日があると言いましたが、調子が悪い日の頻度を抑えることは出来ます。

漫然と調子が悪いと思っているだけでは、それが長続きして、結果としてスランプのせいにしてしまいがちです。

ですから、調子が悪くなった要因をしっかり分析して、出来る限りその要因を取り除くように生活することが大事です。

食生活や就寝時間、学生なら授業の取り組み方など、要因となり得ることは多々あります。

もし貴方がスランプに陥っていると感じているなら、まずは何故そのような状態になってしまったかを考えて下さい。

そうすることが出来れば、そこを改善することで調子を取り戻せる可能性があります。

これはバスケだけではなく、様々な分野にも通じる考え方です。

社会に出て働く際にも、調子が悪いと感じることは良くあるので、そう言った観点からも要因を分析し、それを改善する癖を付けるようにしましょう。

それによって、バスケ選手としてだけではなく、人として成長出来るはずです。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする