バスケットのジャンプシュートの練習法とは?

バスケットでのシュートと練習方法
バスケットのジャンプシュートは、ゴールをするためには必須の技です。

前にディフェンスがいても高い位置からジャンプシュートを決めることで得点を入れていくことができるからです。

バスケットのジャンプシュートは一人でも練習できますが、ただやみくもにすればよいものではありません。

練習法を見ていきましょう。

まずはジャンプシュートのフォームについて、プロ選手などの動きをDVDなどの動画で確認しましょう。

動画の良いところは、スロー再生をすればゆっくりした動きでフォームを学ぶことができることにあります。

また有名選手がきちんと解説もしてくれます。

ですが、フォームは人それぞれの部分もあります。

インプットしたフォームはこれからアウトプットさせながら身に着けていきましょう。

まず、練習の前に体のストレッチを入念に行い、体をほぐしていきましょう。

次にシュート練習をゆっくり行い、DVDで覚えたフォームを思い出していきましょう。

ゴール下から普通のシュートをして体を慣らしていきます。

徐々にゴールとの距離を伸ばしフリースローラインまで行ったらフリースローの練習をします。

ここまでできたら次はチームメイトに協力を依頼しましょう。

ジャンプシュートはドリブルやパスなどのボールハンドリングとの流れでするものです。

ですから、チームメイトにいろいろなところからパスをしてもらい、キャッチをしてすぐシュートをするという練習をしましょう。

バスケットボールをキャッチした瞬間にはすぐにシュートできる、というぐらいにまで練習を重ねてください。

どのように持てばうまくシュートに繋げられるかを研究してください。

この後はどんな位置からでも同じフォームでシュートを出来るように練習を重ねましょう。

また、いろいろなところからゴールにシュートを決めてみて、自分のシュートの限界点を知ることも必要です。

最後に、試合を想定したシュート練習をしておきましょう。

試合では常に動いていてプレッシャーを感じる上ゆっくりゴールを狙う暇などはありませんから、ドリブルしてからシュートする、ディフェンスをかわしてすぐシュートする、など考えられうる全てのパターンでの練習をしておきましょう。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!