バスケのドリブルテクニック!ジャブステップのコツ


バスケの1 on 1の状況を思い浮かべたとき、大きく分けて2パターンあると思います。

1つは、ドリブルしている状態から始まるドリブルドライブです。

もう1つは、ボールを持った状態で始まるフェイスドライブです。

ドリブルドライブでは、ボールを突いた状態でフェイクなどを行う必要がありますが、フェイスドライブはボールを持った状態で様々な選択肢を取れるので、比較的難易度は低いと言えるでしょう。

それゆえに、まずはフェイスドライブの技術を磨くことが、1 on 1で勝つ秘訣とも言えます。

そして今回解説するジャブステップは、フェイスドライブでかなり応用が利く技術です。

ジャブステップのポイント

バスケのドリブルテクニックである、ジャブステップ。

これを身に付けるコツはいろいろとありますが、何より大事なのは姿勢でしょう。

次の動きに淀みなく移行出来るように、常に体勢を保っておきます。

ここで言う姿勢には、重心の位置も関係しています。

ジャブステップを一言で言うなら、ディフェンスを揺さぶるテクニックです。

少し違った見方をするなら、ディフェンスがどう反応するか探る手段でしょうか。

バスケの試合でジャブステップをするときには、別の狙いがあるはずです。

ですから、ジャブステップだけを練習するのではなく、いかにして本命のプレーに繋げられるかを念頭に置きましょう。

また、ジャブステップによってディフェンスが生んだ隙を、見逃さないことも重要です。

1on1で勝てるジャブステップ

上記では、バスケのジャブステップがどう言うものかを説明しましたが、ここでは具体的な方法を解説します。

まず大前提として、次のプレーに素早く移れる姿勢を保つことは、徹底しなければなりません。

それでは、どうすればそれが可能かですが、ポイントは2つあります。

1つは、重心をずらさないことです。

ジャブステップを行う前のトリプルスレットは、バスケの姿勢において最も安定した重心の位置です。

そこからあまり重心を動かさないようにするのが、ジャブステップのコツと言えるでしょう。

重心が大きくずれると、次の動作に移り難くなります。

ジャブステップを踏んだ方にドリブルする場合、重心を移動させた方がスムーズに思うかもしれませんが、ジャブステップの本質はあくまでも駆け引きの手段です。

それゆえ、ドリブルに行くまでの予備動作として使うのではなく、幾つかの選択肢を持たせる方が良いです。

もう1つのポイントは、小さくステップすることです。

前述のことにも通じるのですが、大きくステップしてしまうと重心がずれてしまいます。

そこで小さなステップを心掛けるのですが、大きなステップも場合によっては有効です。

ディフェンスとの間合いが極端に近い場合などが、そのケースです。

とは言え、やはり幾つかの選択肢を持つことを重視するなら、小さくステップする方が良いでしょう。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!