バスケの0度からのシュートのコツ


バスケの試合で点を取るには、言うまでもなくシュートを入れなければなりません。

しかし、一言でシュートと言っても様々で、人によって得意なシュートと苦手なシュートがあるかと思います。

ドライブで中に切り込んでのシュートが得意な選手や、アウトサイドからのシュートを得意とする選手。

どちらも勝つ為には必要な要素であり、そこに優劣はありません。

そして今回取り上げるのは、アウトサイドからのシュートです。

その中でも特に難しいとされている、0度からのシュートについて解説したいと思います。

0度からのシュートが入らない理由

正面や角度のある場所から撃つシュートと、0度からのシュートは異質だと言えるでしょう。

角度のある場所からなら高い確率で入るシューターも、0度になると途端に入らなくなることが往々にしてあり得ます。

では、それは何故でしょうか。

バスケのシュートには、直接ゴールに入れるシュートと、バックボードに当てるバンクシュートがあります。

バンクシュートの場合は、バックボードの状態や材質によって跳ね返り方が違うので、ミドルシュートやロングシュートには適していません。

もし普段からバンクシュートを使っている場合、力んだシュートが身に付いているかもしれないので注意しましょう。

もう1つは、立体視力が悪い可能性です。

バスケのリングは高い場所にあるので、リングまでの距離や高さを認識し、瞬時にピントを合わせる必要があります。

そして何より、シュートを打つときはリングに集中するようにしましょう。

0度のシュートを身に付ける為に

上記のことを踏まえて0度のシュート成功率を上げるには、筋力アップが有効です。

筋力アップによって力みを取り除き、しなやかなシュートを心掛けましょう。

また、腹筋や背筋、下半身を鍛えて、シュート中の安定感を高めることも重要です。

その上で、多くのシュートを撃ち込むことを忘れてはいけません。

そして、意外に効果が期待出来るのは、リングを近くで実際に見てみることです。

バスケのリングは、ボール2個分ほどの大きさがあります。

遠くからだと小さく見えますが、近くで見ると思った以上に大きく感じるかもしれません。

そうして物理的にリングがどう言う物か把握すると、シュートを撃つ際に違った感覚を覚えることがあります。

また、0度からシュートを撃つときは、リングの手前を越えるようなイメージを持つと良いでしょう。

その為にはループを高くする必要があるので、シュート練習のときは意識して下さい。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする