厳しいマークを付けられても大丈夫!~ジャンプシュートテクニック~

shoot
シュートは非常に繊細な技術で、少しのプレッシャーでも感覚が鈍り、ゴールを決めることが出来ない場合があります。

そのため、ディフェンスを上手くかいくぐり、常に良い状態でシュートを打てるようにしましょう。

一番良い方法は、ディフェンスが来る前にシュートを打つことです。

予めディフェンスのマークを引き離しておき、フリーの状態でバスケットボールをもらい、ディフェンスが追いつく前にシュートを打ちましょう。

シュートを早く打つ際には、バスケットボールのキャッチの仕方が重要なポイントとなります。

バスケットボールをミート(キャッチ)した瞬間には既にシュートフォームに入っていることが肝心です。

ボールをミートした時に体がゴールを向いていない場合、ゴールへ向きなおすタイムロスがあります。

また、シュートフォームが完成されておらず、バスケットボールを持ち替えたりするときにも、タイムロスが生じてしまいます。

ですから、味方のパスをミートする時には、空中でシュートを打つ体勢に入りながらバスケットボールを掴み、床に着地した時には、体が既にゴールを向いている必要があります。

練習する際は、まず誰かにパスを出してもらいましょう。

パスを出すプレイヤーはゴール正面のスリーポイントライン付近に立ちシュートするプレイヤーは、ゴール下から自分のシュートする位置まで走り、そこでパスをもらい、ジャンプシュートを行います。

これが、ジャンプシュートテクニックを磨く練習方法です。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!