初心者にも出来る!バスケのフェイントのコツ


バスケ初心者が身に付けるべきスキルは、山のようにあります。

パスの基礎、ドリブルの基礎、シュートの基礎。

この3つは、必ず練習しなければならないでしょう。

しかしながら、バスケ初心者がつまずき易いプレーは別にあります。

それは、フェイントです。

バスケ初心者にとってフェイントは、どのように練習すれば良いのかわからないことがあります。

そこで今回は、バスケ初心者に向けて、フェイントを解説したいと思います。

相手の目を見ないようにしよう

バスケ初心者が1番気を付けなければならないのは、相手の目を見ないことです。

これに関しては、ドリブルやパスにおいても同じことが言えます。

フェイントを掛けようとするときに相手の目を見てしまうと、こちらの動きを読まれてしまいがちです。

これでは、到底フェイントを掛けることが出来ません。

バスケの実力が上がるにつれて、自由に動けるようになるので、最初のうちから相手の目を見ないように癖付けることが重要だと言えるでしょう。

具体的な練習方法

それでは、どうすればフェイントが上手くなるかですが、まずはフットワークを鍛えることから始めて下さい。

フットワークは、バスケの基本中の基本です。

だからこそ徹底的に練習する必要があり、フェイントが上達する基礎となるのです。

その上でフェイントの練習をするなら、最初はボールを持たずに行いましょう。

走るスピードは全速の半分くらいで、オフェンスは相手の裏をかくようにステップして下さい。

ポイントは、ディフェンスがフェイントに引っ掛かったかどうかを、その都度確認することです。

ただ漫然と行うのではなく、自分のどの動きに引っ掛かり、どの動きが有効ではなかったかを知りましょう。

それに慣れて来たら、徐々にスピードを上げて下さい。

この練習の良いところは、オフェンスもディフェンスもフェイントの練習が出来ると言うことです。

オフェンスはディフェンスをフェイントで抜く練習になり、ディフェンスはフェイントに引っ掛からないようにする練習になります。

注意点を挙げるなら、あくまでもフェイントを活用するのであって、単純なスピードで抜くのではないと言うことでしょう。

フェイントを掛けるように備え、抜く瞬間にスピードを上げる練習をすることが、バスケ初心者にとって重要だと思います。

以上のことが出来るようになれば、パスやシュートのフェイントも出来るようになるはずなので、まずはフェイントの基礎を習得して下さい。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする