フォワード

position
バスケットボールの練習方法のポジション別練習方法、今回はフォワードです。

バスケットボールのフォワードのポジションにはスモールフォワード(SF)とパワーフォワード(PF)というものがあります。

バスケットボールのポジション別練習方法ではこれらの名称に合わせた練習方法をしていきましょう。




バスケットボールのSFとPF

バスケットボールの練習方法のスモールフォワードとパワーフォワードというものについて説明します。

スモールフォワードとは、得点することを中心としているポジションですが、他にもオールラウンドなスキルが求められるポジションでもあります。

パワーフォワードとは、スモールフォワードよりも背が高いような、体格のよい選手が務めていて、得点を決めることがメインとなるポジションです。

ゴール下の守備もするので、やはりリバウンドの技術はこのポジションで必要不可欠になるでしょう。




フォワードの練習方法

バスケットボールのフォワードの練習方法では、スモールフォワードとパワーフォワードで練習方法を考えてみましょう。

スモールフォワードでは得点能力も鍛えながら守備のスキルも上げなければならないでしょうし、パワーフォワードならリバウンドなどのゴール下の得点能力のためのスキル、スクリーンアウトなどの技術を練習方法でしなければなりません。

バスケットボールのそれぞれのフォワードの練習方法で自分のスキルを上げていきましょう。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!