ドリブルを磨く


ディフェンスを抜く、フロントコートまでボールを運ぶ、ゴールしたまでディフェンスを押し込んで行くなど、様々な場面において必要とされる技術、それがドリブルです。

ドリブルが出来なければ、バスケットボールをすること自体出来ません。

まず最初の練習方法は、基本の姿勢からです。

右足を大きく前に開き、腰を深く落とします。

右足の膝も、地面すれすれまで近づけます。

この時、背筋が曲がらないようにしっかりと背中を伸ばします。

そしてこの状態で、左手を使いバスケットボールをつきます。

バスケットボールをつく位置は、姿勢が崩れない自然な位置であることが大事です。

バスケットボールをついていない方の手(この場合は右手)は前に出し、肘を曲げてディフェンスがボールをカットするのを防ぐ形をとります。

この時、バスケットボールを見ないでドリブルをすることがポイントです。

手元やバスケットボールを見てドリブルしていては、敵のディフェンダーや味方プレイヤーを見ることが出来ません。

この練習方法で練習する際は、常に敵ディフェンダーがいることを想定して練習しましょう。

この練習方法を、右手と左手交互に行います。

ドリブルをする手を変える時には、広げている足も前後逆にします。

この練習方法は、数多く存在するドリブルテクニックの全ての基礎ともなります。

この練習方法で行う練習を欠かさず行うことで、様々な技へと発展していくことが出来ますし、もちろん、バスケットボールの技術が高い人にも大切な練習方法の1つとなります。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!