バスケットボールで活躍するには、キープ力を磨け!

dribble

バスケットボールをしていてボールを取られないキープ力を持っていると、断然有利に試合をリードできますね。

この、キープ力が高い選手は、自分で敵陣に走り込んで自らシュートし、得点を稼ぎ出すこともあるでしょう。

もちろん、パスでつなぐバスケットボールもありますし、チームプレーとしての戦略も重要ですが、キープ力を持っている選手がいるかいないかで試合運びは大きく変わってきます。

このキープ力を高めるために重要なのが、ドリブルのコントロール、ハンドリングなのです。

ドリブルも低く細かいリズムのものを上手く使って相手をかわし、予備動作無く一気に攻めていけるように切り返しを鋭くすることが必要です。

このとき、腕全体を肩甲骨からしなやかに使うこと、指先の感覚を繊細にすることなど、ハンドリングの技術が必要になってきます。

自由にボールをコントロールでき、ボールと体が一体になったプレーが出来ることが、キープ力を高めるのです。

バスケットボールで活躍したいと思うのなら、ハンドリングをただのウォームアップメニュー程度だと考えずに、無意識レベルで思い通りに出来るほどに磨き上げてはどうでしょうか。

低い姿勢で、出来るだけボールが手から離れている時間が短いということが大切だということを意識して、速いドリブルが自在に操れるようにすることが、キープ力を支えているのです。

視線をボールから離して状況を判断し、素早いドリブルで相手を振り切ることが出来れば、バスケットボールをより楽しめるでしょう。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!