バスケのドリブルの教え方!基礎練習で差を付けろ


バスケの基本的なプレーは、大きく分けてパス、ドリブル、シュートの3つです。

そして今回取り上げるのはドリブルなのですが、何よりも基本練習が大事です。

バスケに限りませんが、基本練習を疎かにしては、応用練習をしても身に付きません。

とは言え、自分1人で基本練習に取り組んでいても、出来ているかの判断は難しいです。

となると、優秀な指導者が必要なのですが、意外と指導者自身が基本練習のコツを知らないことがあります。

そこで今回は、バスケのドリブルの教え方について解説したいと思います。

上手いドリブルとは

バスケのドリブルの教え方についてですが、まずは上手いドリブルとはどう言うドリブルかを知らなければなりません。

それはどう言うものかと言うと、端的に言えば手にボールが吸い付いているようなドリブルです。

これは要するに、手にボールが吸い付いているかのように、自由自在にボールを扱えていると言う意味です。

更に具体的に言うと、ボールを触っている時間が長いドリブル、と言うことになります。

ですから、ドリブルの教え方のコツとしては、「どうすれば長時間ボールに触っていられるか」を、考えさせると良いでしょう。

初めから答えを教えるのではなく、選手たち(特に幼い子供たち)に考える癖を植え付けるのは、バスケの教え方として有用です。

ボールの付き方や腕の使い方など、考えるべきポイントは幾つもあります。

そして、問題に対して自分で考える力は、バスケ以外のことにも流用出来ます。

バスケを上達させることは当然として、指導者は人としての成長も促す教え方をするべきでしょう。

基本練習の重要性を再認識しよう

上記のように、上手いドリブルをするには、ボールに触れている時間を長くする必要があります。

それでは、どうすればそれを習得出来るかですが、答えはシンプルなものです。

つまり、冒頭でも述べた基本練習を繰り返すことです。

基本練習をしっかりとこなし、確実に身に付けることこそが、ドリブルを上達させるのに繋がります。

逆に言えば、基本練習がきちんと出来ていなければ、試合で使える「本物の」ドリブルは出来ません。

ここで注意が必要なのは、本当にその練習が基本練習として正しいかどうかです。

自分では基本練習をしているつもりでも、間違った方法でしていては、逆効果になってしまうでしょう。

指導者はそう言った間違いを正す役割を持っているので、常に正しい教え方を心掛けなければなりません。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!