ドリブルからのジャンプシュートのコツ


バスケットボールにおける代表的なプレーとして挙げられることが多いのは、やはりダンクシュートです。

見た目に派手ですし、チームに勢いを与えると言う点では得点以上の効果があります。

そのようなプレーに埋もれがちですが、試合中に多くみられるプレーの中に、実はかなりの高等技術が必要なプレーがあります。

それがドリブルジャンプシュートです。

地味ではあるが、超絶技巧

ドリブルジャンプシュートとは、読んで字のごとく、ドリブル→ストップ→ジャンプシュートと言う一連のプレーです。

これだけ見るとさほど難しそうには見えず、ともすれば誰にでも出来るとすら感じるかもしれません。

しかしながら、このプレーは非常に高い技術を要求されます。

と言うのも、加速と減速をスムーズに行うのは想像以上に難しいからです。

ドリブルによって加速した勢いをブレーキをかけてストップし、淀みなくシュートする。

文字にすれば単純ですが、実際に行うのはかなり大変です。

例えば、全速力で走っている最中に急ブレーキをかけると考えれば、どれほど難しいか多少なりともわかるのではないでしょうか。

自分に合った方法で練習しよう

ドリブルジャンプシュートの精度を上げるのに重要なのは、どれだけ安定してストップ出来るかと言うことです。

ストップするときに勢いを殺し切れていなければ、体が流れてシュートフォームが崩れてしまいます。

体勢がぶれることなく加減速を行うには、大きく分けて二つの方法があります。

一つは、強靭な筋力によってブレーキをかける方法。

勢いの付いた体を一瞬にして止める為には、かなりの筋力が必要ですが、高い身体能力を持った選手なら可能かもしれません。

もう一つは、力を『抜く』技術を身に付けることです。

加速によって生まれた運動エネルギーを、『抜く』ことによって一瞬でゼロにする。

これならば身体能力で劣る選手でも、ドリブルジャンプシュートを高精度で放つことが出来るでしょう。

ただし、どちらも簡単に習得出来るモノではありません。

十分な減速力を手に入れるにはかなりのトレーニングが必要ですし、『抜く』技術を身に付けるのは容易くありません。

ですが、高精度のドリブルジャンプシュートを本当の意味で武器にすることが出来れば、必ずバスケットプレイヤーとして一段階上のステージに立てるでしょう。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!