バスケにおける声の重要性!ディフェンスもオフェンスも黙らない!


バスケと聞いて、思い浮かべるのはどのようなものでしょうか。

それは人それぞれでしょうが、多くはパスやシュート、ドリブルなどの、具体的なテクニックだと思います。

確かにそれはバスケを語る上で欠かせませんが、他にも大事なことがあります。

それは声です。

試合中も練習中も、オフェンスだろうがディフェンスだろうが、バスケで声を出すのは非常に重要です。

そこで今回は、具体的なプレーではなく、バスケにおける声の重要性を解説したいと思います。

チーム力の向上

バスケで声を出すことでどのような効果があるかですが、その1つはチーム力の向上です。

これはどう言うことかと言うと、声を出すことでコミュニケーションを取ると言う意味です。

例えば、マンツーマンディフェンスのときに誰が誰に付くのかなどです。

基本中の基本ではありますが、これが徹底的になされていないチームは、強くなれないでしょう。

また、チームディフェンスの精度を上げる効果もあります。

相手チームのオフェンスに対して、自分たちがどのようにディフェンスするのか、密に連携を取らなければなりません。

そのようなときには、声を出し合って、意志疎通を図りましょう。

また、24秒や残り時間を、ベンチの選手も含めてカウントすることも大事です。

これらのことは、個人が把握しているのとチーム全員が把握しているのとでは、オフェンスもディフェンスも変わってきます。

それゆえに、普段の練習から声を出すようにしましょう。

その他の効果

声を出す主なメリットは上記の通りですが、他にも効果が期待出来ます。

それは、精神力と身体能力の向上です。

精神力の向上に関しては、正直なところ個人差があると思います。

1種の暗示効果であり、勝ちたいと言う思いを口に出すことで自身を奮い立たせるのです。

また、ミスをした選手をフォローすることによって、その選手のメンタルを保つことが可能です。

精神面が、運動パフォーマンスに与える影響はかなり大きいので、この効果も見過ごせません。

勿論、甘やかしてばかりではいけないので、その辺りのさじ加減はきちんとしましょう。

そして身体能力の向上ですが、声を出すことで神経系における運動制御の抑制レベルを外し、筋力を最大限に使うことが出来るのです。

付け加えると、声を出し続けるのはかなり疲れるので、心肺機能を高める役割も担います。

このように、声を出すことはバスケにおいて、ディフェンスにもオフェンスにも良い効果が期待出来るので、積極的に行いましょう。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする