バスケのシュートフェイクのコツとは?

10713821213_a19dc6a246_k
バスケットボールにおいて得点する為にはシュートを撃つ必要がありますが、実際の試合でフリーになる場面はそうそうありません。

それゆえ、フリーのときは出来る限り決められるのは勿論のこと、普段からディフェンスにつかれている状態を想定してシュート練習をしましょう。

自分でフリーな状態を作る

冒頭で、バスケットボールの試合ではフリーになるチャンスは少ないと言いましたが、フリーに近い状態を作ることは出来ます。

と言うよりは、それが出来なければ試合でシュートを決めるのはかなり難しくなるでしょう。

その為に必要なテクニックは、フェイクです。

フェイクによって相手ディフェンスのタイミングをずらすことで、邪魔されずにシュートを撃つことが出来ます。

フェイクと一言で言っても状況に応じて様々なパターンを使い分けなければなりませんが、今回はその中でもシュートフェイクについて話したいと思います。

他のフェイクもそうですが、シュートフェイクにおいても大事なのは、いかに相手に本物だと思わせるかです。

どれだけフェイクを入れようが、相手にそれが偽物だとばれてしまっては意味がありません。

本物だと思わせるコツとしては、直前まで本気でシュートを狙うつもりで動くことです。

しっかりと膝を曲げて跳ぶ準備をし、ボールを頭上に掲げてシュートを撃つ体勢を作ります。

このとき、実際にシュートを撃つときとフォームが違っていると相手に見抜かれてしまいますので、練習で何度もフォームチェックをして、味方でも見分けがつかないレベルにまで引き上げましょう。

それと同時に視線をゴールに固定することで、相手はより一層本当にシュートを撃つと思います。

フェイクを鍛える練習方法

それでは具体的にどのような練習方法を取り入れると良いかですが、最初はフェイクを混ぜたゴール下のシュートを練習して下さい。

バスケットボールの試合では、ゴール下に近くなればなるほど相手ディフェンスがシュートブロックに跳ぶ可能性が高くなるからです。

前述のようなコツを意識してフェイクを入れて、シュートする。

これを何回も繰り返し、連続で決められるようにしましょう。

それが出来れば、次は実際にディフェンスを相手にします。

このとき注意するのは、自分のフェイクに対してディフェンスがどのような反応をするのか観察することです。

どのフェイクに引っかかり、どのフェイクが見破られたのか、しっかりと見極めましょう。

そして上手くいったフェイクは何が良くて、失敗したフェイクは何が悪かったのかを分析し、徐々に無駄なフェイクを省くようにします。

バスケットボールは選手やボールが高速で動く競技なので、ほんの一瞬でも相手を騙せたら勝ちです。

ただし、折角フェイクに引っ掛けることが出来てもシュートにいくのが遅れたり、そもそもシュート精度が低ければ意味がありませんので、フェイクからシュートへ繋げる動作やシュート練習も欠かさないことを忘れないようにしましょう。






課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!