マンツーマンディフェンスのコツ

deffence
バスケットボールにおけるプレーは、大きく分けるとオフェンスとディフェンスがあります。

どちらが大事と言うことはなく、敢えて言うならどちらも大事です。

点を多く取らなければ勝てませんし、失点を少なくしなければやはり勝てません。

チームによって特色はありますが、オフェンスとディフェンスの両方がバランス良く高い水準にあれば、そのチームは強いと言って良いでしょう。



ただし、一日の時間は有限であり、その中でバスケットボールの練習をする時間は、当然ですが、更に少なくなります。

つまり何が言いたいかと言うと、いかに効率良く練習出来るかが重要だと言うことです。

同じ時間練習しても練習方法や意識によって成長の度合いは変わりますし、場合によっては少ない練習時間でもたくさん練習した選手に勝つことも出来ます。

そこで今回取り上げたいのは、マンツーマンディフェンスのコツです。


ボールを持っている相手へのディフェンス

バスケットボールのディフェンス形体はいくつかありますが、全ての基礎はマンツーマンディフェンスにあると言っても過言ではありません。

例えば、ゾーンディフェンスを仕掛けたいときも、マンツーマンディフェンスがしっかり出来ていなければ、ろくに機能しないでしょう。

そしてマンツーマンディフェンスのコツとは、一言で言えば体の使い方です。

マンツーマンディフェンスでは、相手がボールを持っている場合と持っていない場合があります。



まずは、ボールを持っている相手をディフェンスする際のコツを見ていきましょう。

大事なのは、相手とゴールを結ぶ直線上にポジションを取ることです。

そのことを踏まえた上で、相手の胸の前に自分の顔が来るのを目安として、しっかりと腰を落とします。

これによって、重心を低く保って素早く動くことが可能です。



また、片手を相手の顔の近くに持って行くことも有効です。

そうすることで相手はシュートし難くなり、頭上を通すパスを躊躇い易くなります。

更に、もう片方の手を相手の膝近くまで落とします。

これをしっかり出来れば、相手のドリブルコースとバウンズパスに制限を掛けることが出来ます。

バスケットボールの試合中に良く「ハンズアップ」と言う言葉を聞きますが、これは「シュートを撃たせない」、「パスを通させない」、「抜かれない」と言う意志表示です。

そのことを念頭に置いて、これらのコツをいつでも自然に守れるように練習しましょう。


ボールを持っていない相手へのディフェンス

次にボールを持っていない相手へのディフェンスですが、大別して二つの状況が考えられます。

一つは、ボールを持っている選手が近くにいるときです。

簡単に言えば、一つのパスでマーク相手にボールが届く距離です。

もう一つは反対で、ボールを持っている選手が遠くにいるときです。

要するに、誰かを中継しなければマーク相手にボールが渡らない遠い距離ですね。

相手がボールを持っていないときの、マンツーマンディフェンスのコツで共通しているのは、自分のマーク相手にパスを通させないように守ることです。

近い距離の場合、いかにパスコースを遮断出来るかが肝となります。

ボールを持っている選手に背を向けて、パスコースに片足と片手を差し出してパスを通さないようにするのがコツです。

このときボールを持っている選手に手のひら向けて、パスを出されたときに反応し易くしましょう。



もう一つコツと言いますか注意点として、ボールを持っている選手を肩越しに確認しつつ、決してマーク相手を見失わないようにして下さい。

それでは、遠い距離のときはどうでしょうか。

基本的なコツとしては、マーク相手とある程度距離を取り、全体を視野に入れるようにします。

距離を取り過ぎてもいけませんので、ロングパスが届くまでにマーク相手の元に戻れるポジショニングを心掛けましょう。

このときのコツとしては、ボールを持つ選手とマーク相手の直線上よりも、ゴール側に下がった場所に立ち位置を保ちます。

両手を広げて相手に威圧感を与え、同時に片手をマーク相手に、もう片方の手をボールに向けることで、自分の位置を把握することが出来ます。

上記のようなコツを掴んで、基礎練習を積み上げれば、マンツーマンディフェンスで相手に裏を掛かれる心配は少なくなるハズです。



そして何よりも、気持ちで負けないことが大事です。

ディフェンスはオフェンスに比べて一層精神的な疲労が強いので、終盤の疲れたときにこそ日々の練習の成果が表れると言って良いでしょう。

スポーツにおいてメンタルがパフォーマンスに与える影響も鑑みて、粘り強いディフェンスを目指して下さい。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!