ジャンプシュート

shoot
バスケットボールのシュート練習方法ではジャンプシュートというシュートがあります。

これは読んで字のごとく、飛び上がってシュートをすることです。バスケットボールの試合中、フリースロー以外のシュートでは、常にあなたのまわりには相手チームのディフェンダーがシュートを阻止してくるはずです。

そんなときにこのジャンプシュートは効果を発揮するものなので、バスケットの試合では使用する頻度が多いシュートなのです。

使用頻度が多いということはもちろん練習方法にも取り入れなければなりませんね。




片手と両手

バスケットボールのジャンプシュートの練習方法についてですが、バスケットボールの試合では、一般的にほとんどの選手は利き手のワンハンドでジャンプシュートをしますが、両手を使用したボースハンズというジャンプシュートも存在します。

これは長距離のシュートの場合や、力や体力がない選手が使うことが多いとされています。




ジャンプシュートのポイント

バスケットボールのジャンプシュート練習方法でのポイントとしては、それは足が地面を踏んだその一瞬にジャンプをするということです。

ジャンプを効率的に行うにはなにも節力が全てというわけではないのです。足が地面を踏んだその一瞬、そこには反発力というものが生じているのです。

これをうまく利用することにより、効率的なジャンプが可能となるわけです。

バスケットボールのジャンプシュート練習方法について説明してきましたが、やはり最後は各練習方法の積み重ねにつきます。

上記のように力まず効率的にジャンプをするということを念頭に入れて、正しい方法でバスケットボールの練習方法に取り組みましょう。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!