レイアップシュートの基本

shoot
さて、バスケットのシュートの練習方法として、基本中の基本と言われているのがこの「レイアップシュート」です。

一般的には、ドリブルをしながらボールを片手でリングのすぐ近くの位置にボールを離してシュートするというもので、リング後方のボードを利用してシュートするというのも基本のひとつで、ほかのシュートよりボールがリングに収まりやすいシュートなのです。

先にも述べたようにこれはバスケットのシュートの練習方法で基本中の基本で、これができないと練習すらできないと言われているのです。




シュートを始めるならまずはコレ

バスケットを始めたばかりの人がまず最初にやらなければならない練習方法というのがこのレイアップシュートで、これを毎日練習方法に
入れていれば、その他の練習方法の際にもフィードバックされるという、とても大事なものなのです。

ほかのシュートに比べて入る確率が高いシュートなので、うまくなればもちろんバスケットの試合での自分の武器になるでしょう。

ポイントとしては、リング後方のボードの四角い枠に当てることで、跳ね返らせてリングに入れるという練習方法をしてみましょう。

それから、ここでも力を入れるようにシュートをしようとせず、勢いを利用して流れるような動作でシュートをしてください。




コツ

練習方法は、走っていき2ステップ目で真上にジャンプして、リングの上にボール置くというような感じでバスケットボールを離しましょう。

右から走ってきたときは右手で、左から走ってきたときは左手でシュートをしてください。

これをバスケットボールのシュートの練習方法で身につけられれば、実際のバスケットボールの試合でもシュートの選択肢が増えるわけですから、当然シュートの成功率も上げることができるというわけです。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!