最強シューターへの道のり~ゴール下でのジャンプシュート練習方法~

shoot
バスケットボールの試合で勝つには、当然ながら多くの得点を重ねなければなりません。

勿論、ディフェンスが大事なのは言うまでもありませんが、点を取れないことには勝てません。

そして得点する為には、パスワークの精度を上げたり、ドリブル技術を磨くことも重要ですが、最終的に必要なのはシュート力です。

いかに上手くパスを回してフリーでボールを持とうと、シュートの成功率が低ければ意味はありません。



それはドリブルにおいても同様です。

切れ味鋭いドリブルでディフェンスを抜き去ることが出来ても、シュートに失敗すれば得点には結び付きませんし、下手をすれば手痛い反撃を受けるでしょう。

それゆえ、バスケットボール選手にとってシュート力を磨くのは、不可欠だと言えます。

シュートの方法は多種多様ですが、フリーの状態であれば、ゴールに近付けば近付くほど成功率は高くなるでしょう。



逆に言えば、ゴールから遠い場所から高確率でジャンプシュートを決められるシューターは、それだけで相手に大きなプレッシャーを掛けることが出来ます。

もしチームに最強シューターとでも言える選手がいれば、相手は必然的に外を警戒しなくてはなりません。

すると今度は中が攻め易くなり、得点チャンスはますます広がります。

最強シューターを目指すことは容易ではありませんが、目指す価値は充分にあります。

何をもって最強シューターを呼べるかは難しい問題ですが、その絶対条件であるジャンプシュートを上達させる為の練習方法をご紹介したいと思います。


最強シューターへの道のりは果てしない

冒頭でも述べたように、ジャンプシュートは遠くから撃つほど難易度が高くなります。

それゆえ、より遠くからジャンプシュートが入る選手を最強シューターと呼べるかもしれませんが、そこに辿り着くには地道な努力が必須です。

バスケットボールに限りませんが、何事も基本が大事であり、ジャンプシュートにおいてもそれは例外ではありません。

ジャンプシュートと聞くとミドルレンジやスリーポイントを思い浮かべるかと思いますが、今回は敢えてそれより前の段階、ゴール下のジャンプシュートを取り上げたいと思います。

シューターを目指したい人はいきなり遠くからのジャンプシュートを練習しがちですが、最強シューターを目指すなら、ゴール下のシュートをマスターしなければなりません。

その練習方法ですが、一回一回しっかりと狙って撃つことです。

こう聞けば当たり前のように感じますが、意外と忘れている人も多いのです。

ゴール下のシュートは、感覚的に放るだけでも入ったりします。



ですが、そのような感覚だけに頼るのではなく、打つ場所、スピード、角度など、あらゆることを一回ごとに確認しながら撃って下さい。

そして、外れたときは何が駄目で外れたのか、徹底的に分析しましょう。



そうして自分の癖や良いときと悪いときの違いを正確に把握出来れば、距離が遠いジャンプシュートの練習になったときにも、その考え方は役立ちます。

練習方法とは少し違いますが、心掛けて頂きたいのは、必ずしも全力でジャンプしなくても良いと言うことです。

確かに高くジャンプ出来ればブロックされ難いですが、何より大事なのは成功率が高いシュートを放つことです。

その都度狙いを持つ練習方法に加えて、ボールと自分の体のバランス感覚を意識して、最も安定するようにジャンプしましょう。

他にも様々な練習方法はありますが、大事なのは入ろうが入るまいが、一球一球を大切にすると言うことです。

どのような練習方法を取り入れようと、その意識が欠けていれば、最強シューターへの道は遠のきます。


シューターの心得とは

上記のように、本物のシューターを目指したいなら、まずはゴール下のジャンプシュートから練習するべきです。

それから徐々に距離を伸ばし、最終的にはスリーポイントをバシバシ決められるようになれば、本当に最強シューターと呼ばれる日が来るかもしれませんね。



最後にお伝えしたいのは、シューターとしての心構えです。

ここでは練習方法などからは離れ、精神的な話になります。

シューターにとって大切なモノ、それは絶対的な自信です。

味方や監督からシュートを撃つように指示を受けてから撃つようでは、本物のシューターとは言えないでしょう。



優れたシューターはシュートに絶対の自信を持っており、自分がシュートを撃つことこそが最も効果的な攻撃だと信じています。

ただし、根拠のない自信を持ってはいけません。

毎日誰よりもシュートを練習し、飽くなき反復練習の果てにこそ真の自信を持てるのです。

その自信を持てるか持てないかで、シューターとしての完成度は大きく変わるでしょう。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!