華麗なフックシュート~

shoot
ふんわりとした動きでディフェンスにとっては非常に守りづらいシュート、それがフックシュートです。

これは体の側面からバスケットボールを投げてシュートを決めるというもので、ゴールに対して体の向きを垂直にし、片手(ゴールに近い方の腕)でディフェンスを抑え、反対側の腕で弧を描くようにしてシュートを放つものです。

動きはとてもゆっくりとしていて簡単そうに見える技なのですが、力加減やコントロールが難しく、距離感覚を掴むのも大変なため、かなり上級者向きの技だと言えるでしょう。

練習方法には、次のことに注意しながら練習しましょう。

フックシュートを決めるには、まず腕の動きが重要となります。

シュートを放つ際、腕は体の真横を移動させるようにします。具体的に説明すると、シュートを打つ腕の軌道が常に体の真横に位置していて、体に対して前後ブレないように真っ直ぐ動かします。

シュートする腕は、最終的に肩が耳につくまで上げ、腕全体を使うことを意識します。

肘はあまり曲げず、バスケットボールが大きな弧を描くようにします。

そして手首のスナップを効かせ、バスケットボールに回転をかけます。

体はゴールに対して垂直であることを意識しつつ首だけを傾けてゴールを見ます。

ディフェンスを抑える方の肘は軽く曲げ、曲げた上体で動かさないようにしながらディフェンスを抑えます。

このフックシュートも他のシュートと同様に、全身の力を利用します。

他のシュートの練習方法でも意識したように、フックシュートの練習方法も腕の力だけに頼ることがないよう気をつけましょう。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!