日々の積み重ねで確実に上手くなる


column全てのドリブルテクニックに通じるための練習方法があります。

ドリブルの基本姿勢や、バスケットボールをついた状態での移動という練習方法を身に付け、それを発展させたものです。

ドリブルは片方の手だけ上手くても意味がありません。どちらの手でも同様にしっかりとドリブルつく技術が必要となります。

そのための練習方法としては次のようなものがあります。

まず、バスケットボールを片手に一つずつ持ち、左右同時にドリブルします。

この時ボールをつくスピード、タイミング、高さは、左右で揃えましょう。

初めは高くゆっくりつきながら次第に腰を落とし、素早く、より早いテンポでドリブルをついていきましょう。

もちろん、バスケットボールを見ないようにしましょう。慣れてきたら、コートの端から端まで移動していきましょう。

次に、この状態から、左右交互のドリブルに切り替えます。

今までは同じリズムでドリブルをしましたが、次は右のボールが地面に付いた時、左のバスケットボールは空中にあり、左のボールが地面に付いた時は、右のバスケットボールは空中にあるようにします。

今までとは逆に、タイミングが同じにならないよう注意しながら行いましょう。

これも慣れてきたら、コートの端から端まで移動しながら行います。

両手でドリブルをつけるということは、その分だけ戦術の幅が広がることとなります。

試合中でも、つい利き手だけでドリブルをしてしまうことがありますが、それではディフェンスにとって守り易い相手となってしまいますので、日頃から意識して、左右の手でバランス良くドリブルがつけるよう練習方法内で心がけましょう。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!