実践ドリブルテクニック~クロスオーバーその3~

dribble
ドリブルテクニックの“クロスオーバー”を、実際の試合で有効活用するための練習方法です。

実践を意識した形で取り組みましょう。

この“クロスオーバー”が最も有効活用される場面は、オフェンスプレイヤーとディフェンスプレイヤーとの一体一の場面です。

オフェンスプレイヤーが、自分をマークするディフェンスプレイヤーをドリブルによって抜き去る時に、効果を発揮します。

ですから、“クロスオーバー”の練習を行う際には、一体一のシチュエーションを作りましょう。

まず、オフェンス役となるプレイヤーはバスケットボールを持ち、“スリーポイントライン”の少し外側に立ちます。

反対に、ディフェンス役となるプレイヤーは、“スリーポイントライン”の少し内側に立ちます。

予め開始の合図を決めておき、その合図と共にスタートします。

オフェンス役のプレイヤーはスタートと同時にドリブルを突き始め、ディフェンス役のプレイヤーは一歩詰め寄ります。

オフェンス役のプレイヤーは左右どちらかに、ドリブルでカットインをします。

そしてディフェンス役のプレイヤーが追いついてきて、コースを塞ごうとした時に“クロスオーバー”を仕掛けて切り返し、ディフェンスをかわすのです。

この練習方法では、“クロスオーバー”だけではなく、他の様々なドリブルテクニックの練習にも応用が可能です。

また、今回は2人で行う練習方法を説明しましたが、3人で行うことも可能です。

オフェンス役とディフェンス役、それからパス出し役に分かれて、パス出し役の人が、オフェンス役の人にパスを出した瞬間に開始の合図を出すことで、更に実践を意識したものになるでしょう。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!