ガード必読のドリブルテクニック

dribble
“ガード”または、“ポイントガード”のプレイヤーは、ゲーム全体の司令塔であり、常に状況を判断しながら指示を出したり、フロントコートまでバスケットボールを運ぶなどの役割が主にあります。

そのため、ドリブルでの突破力、ボールを見ずしての安定したドリブルが求められるのです。

敵チームのディフェンスをかいくぐり、フロントコートまでバスケットボールを運ぶには、鋭い突き出しが必要ですが、まずはバスケットボールを見ずにきちんと安定させてドリブルを行い、そこまま進むことを身につけていきましょう。

具体的な練習方法は次の通りです。

まず2人1組でコートのエンドライン(コートの端)に立ちます。

1人はバスケットボールを持ち、コートの外側、もう1人はコートの内側に立ち、互いに向き合います。

バスケットボールを持ったプレイヤーは、ドリブルの基本姿勢をとります。

そして、その基本姿勢のままボールを突いて前に進みます。

この時なるべく腰の高さが変わらない様に注意しながら行います。

向かい側に立つ人はドリブルをするプレイヤーと向き合ったまま、後ろ向きに進んでいきます。

そして、ドリブルをしているプレイヤーの目線が、前を向いているかを確認しましょう。

確かめる方法には、手でサインを出すなどの練習方法があります。

始めの内は真っ直ぐ進むだけでも良いですが慣れてくればジグザグに進んだり、スピードをつけてダッシュしたり、チェンジオブペース(スピードに緩急をつける)で進むといった練習方法も取り入れてみましょう。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!