全てを操れ!~ハンドリングその3~

basic
ボールタッチ、シュートやパスの際に要求される細かいコントロールなど、ボールの扱い全般を磨く為の練習方法です。

特に、細かい動きの指示はありませんが、ボールで遊ぶ様な感覚で、自分なりにやりやすい様アレンジしながら行ってみてください。

まずは、両足を広げて腰を深く落とします。

膝の角度は90度近くが目安です。

ちょうど両足の真ん中の位置で体を捻り、右手と左手で前後に挟むようにバスケットボールを持ちます。

上から見ると、ボールを中心に、右手・左手と、右足・左足が“十字”にクロスしている形です。

そうしたら、持っているボールを離します。

バスケットボールが床に落ちる前に素早く体を捻り、右手と左手の前後を入れ替えて、ボールを再びキャッチします。

これを繰り返して行いましょう。

この練習方法で、ボールハンドリングと共に、ボディーコントロールも身につけることが出来ます。

次は、片手でボールを持ちながら、両手を左右に広げます。

そして、持ったボールを反対側の腕に向かってパスします。

バスケットボールは、弧を描くように頭上へ投げます。

手首のスナップを使う、絶妙なボールコントロールが要求される高度な練習方法ですが、通常のシュートはもちろん、フックシュートやフックパスなど、技術の向上にもつながります。

一見遊んでいるように見えるだけのような動きですが、どのような形でも、バスケットボールに触れていることでバンドリングの技術が向上します。

時間も場所も取らないので、いつでもどこでも気軽に行える練習方法なのです。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!