ダンクの前にまずはコレ!

shoot
バスケットの実戦では、オフェンスプレイヤーは常にディフェンスにマークされていることが多いです。

ディフェンスの妨害を避けつつ、確実にシュートをきめなければ得点に結びつきません。

ディフェンスを意識したシュートの練習方法も取り入れていきましょう。




ジャンプシュート

基本的なシュートの1つで得点力が高く、空中の高い位置からバスケットボールを放つためブロックされにくいシュートです。

ジャンプシュートの基礎の練習方法には、バスケットゴールから近い位置からする練習方法があります。

まずはこの基礎的な練習方法から始めましょう。

理由は、フォームが定まる前に遠い位置からジャンプシュートの練習をすると距離を意識してしまい、余計な力がかかってしまいます。

すると、間違ったフォームを習得するおそれが出てきてしまうからです。

どのシュートにおいても共通することですが、基本的には力みすぎず、リラックスすることを念頭におきましょう。

では、フォームを身につける練習方法です。

足は肩幅に開き、膝を軽く曲げます。

全身を使うイメージでジャンプし、最高地点に到達した時にボールをリリースします。

基本的にシュートは片手で行い、シュートを行わない手は軽くバスケットボールに添えるだけです。

肘を真っ直ぐに伸ばし、手首を使ってボールにバックスピンをかけながら放ちます。この時脇や肘を締め、外に向かないよう注意しましょう。

バックスピンをかけると、もしもボールがバスケットリングに当たり、シュートが外れてしまっても、上方向にバウンドするのでリバウンドがし易くなります。

ジャンプシュートの練習方法でこういったことを意識すると、バスケットの練習が実戦に活かせるようになります。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!