勝利をつかむパス練習

pass
バスケットは、個人の力だけで敵のディフェンスを突破出来ない場合でも、パスを上手に使うことで得点出来るスポーツです。

そのためには、実戦で使えるパス回しの練習が大切です。

実戦で使える練習方法は次の通りです。




スクエアパス

これは、コートの半分を利用して行います。

チーム全員を4つのグループに分け、コートの四つ角にプレイヤーをそれぞれ立たせます。

先頭のプレイヤー(A)がボールを持ち、隣の角に立つ先頭のプレイヤー(B)にパスを出します。

パスを出したプレイヤーAは対角線上に走りパスを渡したプレイヤーBからリターンパスをもらいます。

リターンパスをもらったら、更に今度は対角線上のプレイヤー(Z)にパスを出します。

リターンパスを行ったプレイヤーBは、最初のプレイヤーA同様に、対角線上に走り抜けます。

その時Bは、プレイヤーZからパスをもらい、対角線上のプレイヤーにパスを出します。

この練習方法を、全員が連続で回せるまで続けましょう。

スクエアパスを行う場合の注意点は、2つあります。

1つ目はスピード、それから2つ目は、正確さです。

1つ目のスピードについてです。

実戦では止まってパスを受けるよりも、動きながらパスを受ける方がディフェンスにカットされる危険性がありません。

ですから、スクエアパスの練習方法を行う際には、全速力で走りながら行うことが重要なポイントとなります。

2つ目は正確さですが、動きながらのパスはキャッチしにくいことに注目しましょう。

キャッチしづらいパスを味方に渡すには、走る方向に向かって少し前にパスを出すような意識を持つことで、正確なパスが出せるようになります。

また、パスを受けるプレイヤーは腕を出し、パスを受け易い位置を示しましょう。

以上の練習方法に慣れてきたら次は片手でのスローパスやショルダーパス、バウンドパスなどを取り入れることでバスケット練習方法のバリエーションが増えます。

課題別オススメ教材
爆発的な得点能力を持ちたいという選手には

バスケットボール上達革命~試合で得点が取れる選手になる方法~【bjリーグアカデミー校長 東英樹 監修】

1人でもできるドリブル、シュート、パス、ピポット、ハンドリング、リバウンド、ディフェンスの上達法を知りたい

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

「絶対勝たせてあげたい」 バスケットの指導にお悩みの顧問の先生、コーチの方へ

倉田伸司の『アーリーオフェンスマニュアル』~考えて走るチームをデザインするチーム造り~

ディフェンス力を向上させる方法を知りたい

金田伸夫の上達の道標 古武術バスケ ~攻撃的なフットワークで相手を封じる!ディフェンスの章~

バスケット練習方法ナビ 人気教材ランキング ■正しい知識と練習法で練習すれば簡単に上達できます!